富良野での長期優良住宅の取り組み

「長期優良住宅」とは、「つくっては壊す」というフロー消費型の社会から「いいものをつくって、 きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会への転換を図るため、 2009年6月施行された「長期優良住宅普及促進法」に基づき認定される「長期にわたって良好な状態で循環利用できる質の高い住宅のこと」です。 具体的には、耐震性などの基準を満たす新築住宅を「長期優良住宅」として認定し、その後も居住者が維持管理しながら住み継ぐことで、質の高い住宅を増やすのが狙い。 背景には日本の住宅寿命の短さがあるといえます。国土交通省によると、日本の住宅は平均で築後約30年で取り壊され、英国の約77年、米国の約55年などと比べて短くなっているため、 「長期優良住宅」を促進することで、住宅寿命を延ばし、住宅費の負担を減すとともに、建物の資産価値を維持し、中古市場の活性化を図ることが目的とされています。 国としても、長期優良住宅の普及促進のため、税金の優遇などを実施するほか、さまざまな特典・メリットを政策的にもうけています。

特にローン減税の優遇・固定資産税優遇の2年間延長が、お客様にとって大きなメリットになるかと思われます。また、マイホームの資産価値を上げるためにも、長期優良住宅の認定は非常に大きなポイントになり得ます。もし住宅をどうしても手放さなければいけない場合、長期優良住宅は住宅を評価する一つの指標になりますので、住宅の評価をむやみに下げることなく売却することが可能になります。
軽米組では長期優良住宅の認定を受けた住宅を多数建設している実績がありますので、安心してお任せ頂けます。
その他、ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご相談下さい。